• レバレッジを効かせて勝負のFX派か!
  • 短期決戦で1分で5万円も稼げるバイナリーオプション派か!

「分析」を使って前進的な投資を - FX

FXは二つの通貨を売買し、その為替損益を求めていく投資取引になります。
その場で為替レートの値動きを見ながら、安く買って高く売り、高く売って安く買い戻していっても、もちろん利益を出すことができます。
しかし、その先の為替レートの流れを読み、相場全体の動きに見当を付けて予測を立てていけば、上がり始めた値動きが、もっと上がるのか下がるのかを不安に思って決済を確定するようなことをせずに、自分の予測に基づいてじっと待ち、より大きなチャンスをものにできるはずです。
こうした予測の後ろ盾になるものが、「分析」になります。
分析には大まかに2つあり、一つは大きな流れを掴もうとするファンダメンタル分析、そしてもう一つは、刻々変動する相場の動きを予測していくテクニカル分析です。
ファンダメンタル分析とは、相場全体を一つの流れとしてとらえ、その外側にある世界的な状況、例えば国家政策や社会情勢、経済指標などを読み解いていき、相場に与える影響から全体の傾向を分析していくものになります。
特に、長期間の、数日間の取り引きを行うスイングトレードや、数週間から数か月もの単位で投資取引を行うポジショントレードと呼ばれる取り引きスタイルには、ファンダメンタル分析は欠かせません。

例えば、金利の高いA通貨を金利の低いB通貨を用いて買って長期に渡って保持を続け、その金利差を利用して利益を得るスワップポイントを狙って投資をしている場合は、A通貨をもつA国の公定歩合や金融政策は、利益に直結してくる要因となるからです。
こうした大きな流れは、短期間で売買を繰り返す取引スタイルには、それほどの影響は及ぼしません。
数分から数十分単位で取り引きを繰り返すスキャルピングトレードや、日単位で取り引きをするデイトレードなどは、この大きな流れのなかの、さらに細かな値動きを狙って投資をしていくので、あまり関係がないのです。
逆を言えば、短期の取り引きでは、ファンダメンタル分析は効果を発揮できないということになります。
短期取引の場合には、テクニカル分析という手法が用いられます。
この手法では、時間を軸にその時ごとの価格がどのように変化しているのかなど、過去の為替レートの変動が一目でわかるように相場の流れを図表化した、チャートというものを使用ます。
そのチャートを分析していき、これからの為替の動きを予測していくのです。

チャートには様々な種類があり、代表的な物に「ローソク足」というものがあります。
一口にロウソク足といっても、一日の値動きを示す「日足」をはじめとし、「分足」、「週足」、「月足」、「年足」など、分析、予測を立てたい状況によってスパンごとに分かれていて、それぞれに、その期間内の最も高い値段、最も低い値段、期間開始の時の値段、期間終了の時の値段である点を線で結んで「実体」と呼ばれるローソクを作り上げまます。
その実体から上下に突き出た線は「ひげ」と呼ばれ、その日の安値や高値を表しています。このロウソクの本数や間隔、ひげの長さや連続度などからこれからの値動きが予測分析できるようになっています。
これ以外にもチャート図は実にたくさんあり、そのチャート図ごとに値動きに強いものや、相場全体がどのような傾向にあるのかを示すもの、また、全体的に買われ過ぎか売られ過ぎかなどを判断するものなど、状況や得たい情報によって使い分けられています。
こうした物を用いて、実際の値動きの動向や傾向を細かく分析をしていくものを、テクニカル分析と言います。
このように、自分の投資スタイルに合わせ、ファンダメンタル分析やテクニカル分析を用いて取り引きを行っていけば、その勝率も確かなものへとなっていくでしょう。
そして何よりも、そうして様々に情報収集をして分析した予測が当たり、自分の思うとおりに相場が動いていくのは、やはり投資取引の醍醐味の一つなのではないでしょうか。


 

FXが副収入の方法

FX取引というものをご存知でしょうか。日本語では「外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)」という、通貨の売買を行う取引のことです。例えば、1ドル90円のときに買って1ドル100円のときに売れば、10円の儲けとなります。「10円なんて大した額ではない」と思うかもしれませんが、そうではありません。1回の取引を1万ドル、10万ドルという単位で行います。1ドル90円のときに1万ドルを購入して、その後1ドル100円になれば、日本円で10万円の儲けとなります。このようにして売買を行うのがFXです。